イミダペプチド 効果

イミダペプチドの効果

イミダペプチドとは

 

正式名称:イミダゾールジペプチド

 

 

主はカルノシンとアンセリンで人や動物の骨格筋に存在するアミノ酸融合体です。

 

 

最近、広告などで聞いたりよく目にするイミダペプチドの効果とはいったい何なんでしょうか?

 

イミダペプチドから期待される効果

 

人間の生体内では、乳酸の分解を促進して尿酸量の調節や筋pH低下を和らげて、またイミダゾール基により活性酸素を抑える抗酸化作用を持つことが報告されています。

 

また、抗酸化作用によって疲れにくい(高疲労)効果もあります。

 

また融合成分のバレニンとカルノシンには認知症予防作用があるとされています。

 

 

簡単に言ってしまえば疲れにくくてその上疲れそのものを溜めにくくする成分とでも言えばいいのでしょうか?

 

 

 

 

しかし、どれほど有効な作用がある物質でも経口摂取で効果が出るとも限りません。

 

効果がきちんと認められた物質であってもも、ヒトが経口摂取(飲む)した場合、効果を発揮しないものも多数あるのです。

 

 

 

その点、イミダペプチド成分は、消化吸収の過程で2つのアミノ酸に分解され、体の中で再び合成されるという特徴があります。

 

と、いうことは口から飲んで消化吸収されて、一度分解されても体内でもう一度有効成分として再合成されるというとてもスバラしい成分なのです。

 

ヒトの場合筋肉はもちろん、活動が活発な脳細胞などの消耗の激しい部位にイミダペプチド合成酵素が豊富にありますので、酸素消費が激しい部分にピンポイントでイミダペプチドが再合成されて効果を発揮してくれます。

 

 

疲れにくい上に負担がかかり疲れた部分に作用してくれる至れり尽くせりの成分なんです!

 

 

これが、他の抗酸化食品と比べても、イミダペプチドの抗酸化作用が優れている理由なのです。

 

 

 

 

 

産・官・学の一大プロジェクトの共同開発で日本予防医薬とニッポンハム中央研究所がその有効成分イミダゾールジペプチドを鳥胸肉」から高濃度で抽出することに成功しました。

 

 

そしてその技術力で商品化に成功したのです。

 

それが「イミダペプチドドリンク」であり「イミダペプチドソフトカプセル」なのです。

 

 

 

ドリンク   カプセル

 

 

 

イミダペプチドの1日の推奨摂取量は200r

 

 

日本予防医薬のイミダペプチドは
純粋なイミダペプチド成分が200mg以上含まれていることを証明しています。

※イミダゾールジペプチド含有チキンエキス 2000〜5000mg相当。
このマークが証明です!

 

 

 

 

 

イミダペプチドの愛用者の94%が効果を実感

 

さらにそのうちの34%がとても良く効果を実感したと答えています。

 

 

※日本予防医薬調べ
イミダペプチド利用者アンケート

 

 

 

 

 

 今WEB限定でこのイミダペプチドを10日分モニター価格980円でお試しすることができます!

 

 

イミダペプチドドリンクモニター申込み イミダペプチドカプセルモニター申込み